建材・土地選び

ガルバリウム鋼板の屋根じゃなくて瓦を選んだ理由

こんにちは!ボーダーパパです。

前回はガルバリウム鋼板の外壁を採用した理由、住んでみた感想をお伝えしました。

じゃあもちろん屋根もガルバだよね?とと思われると思うのですが、実は我が家の屋根は瓦を選んでいます!

今回はその理由をお伝えしたいと思います。あくまで個人の見解なので、一つの参考例としてもらえれば幸いです。

【新築】ガルバリウム鋼板を外壁に採用!後悔なし2年住んでみた感想。こんにちは、ボーダーパパ(@borderpapa)です! だんだんと寒くなってきましたね。北陸にも冬がちょっとずつ近づいています。 北...

スポンサーリンク

瓦屋根を選んだ理由

耐久性か軽さか

耐久性が高いけど重い瓦か、軽いけど瓦ほどの耐久性は無いガルバリウム鋼板かについてめっちゃ悩みました。

屋根は雨、風、太陽の影響を直接受けるので経年劣化は避けられません。長く住む家のことを考えると耐久性というのはとても大事になります。

一方、最近は大きな地震が頻発しているので地震に強い家が良いと思う気持ちはみなさん同じだと思います。

最近の住宅は屋根の重さを考慮して作られているので、瓦であっても地震があっても倒壊しないように耐震設計がされていると言います。

個人的には一定の条件ではそうだと思うのですが、本当に大きな地震が来た際は、地盤の影響などもあって本当に大丈夫かというのは少し懐疑的です。

軽いことに越したことはないだろうと思っていますが、それでも瓦を選んだ理由をお伝えします。

耐久性が求められる北陸の気候

北陸は年間降水量でも全国上位に入るほど雨が多くて、冬は晴天がほとんどありません。

雪も北海道のようなサラサラのものではなく、湿った雪なので重いです。

特に冬は雹(ひょう)や霰(あられ)が降ったりすることも多く、地域的にも古くから瓦を使われていました。

そういったことを考慮すると太陽、雨、雪などを一番最初に受ける屋根は昔から使われていて耐久性の高い瓦を選ぶのが一番と考えました。

初期費用としては若干割高ですが長い目で見るとお得になるのではという判断です。

ちなみに上記のような環境のせいもあってか全国的にも有名なハウスメーカーさんもあまり浸透してない地域でもあるようです。

我が家のまわりは風が強い

近くに山などが無いせいもあってか冬の荒れた天気の日、爆弾低気圧などが来ると風がかなり強く吹きます。

台風でガルバの住宅は屋根が飛ばされていたりするニュースのイメージがあって、ガルバは風に弱いといった印象をもったことがあります。

これは単純な感情的な問題だと思うのですが、家づくりで難しいのは論理的には正しくあっても、感情が納得できないと前に進めないことです。

屋根に関しては自分の感情を優先して決めたということもお伝えしておきます。

ちなみに屋根が飛ばされるのは施工の問題だと思うので本当に重要なのは屋根材というより信頼できる業者さんかどうかだと思っています。

スポンサーリンク

地域的に地震が少ないと判断

家を建てる際に軽量なガルバリウム鋼板の屋根を検討する方も多いと思います。瓦だと重いんじゃないかと不安になりますよね。

北陸は過去から大きな地震が比較的少ない地域でもあります。直近だと2007年の能登半島地震、もっと前だと1948年の福井地震が有名でしょうか。

私の判断としてはその土地で使われている素材を利用するのが一番だと思っています。

瓦がまさにそうで、雪国の屋根には昔から使われている瓦の屋根が一番良いと判断しました。

昔から使われているというのは耐久性が高く実績があるからと考えます。そういった理由でガルバリウム鋼板の屋根を見送りました。

ただ、最近の大きな地震が頻発していることを考えると、どこの地域であっても安心はできないなと思います…。

万が一の為にも地震保険には加入しておいた方が良さそうですね。ちなみに我が家は悩んだ挙句、心配なので加入しました。

防災瓦に決定

デザイン性の高い平瓦も良かったのですが、防水性能の高い防災瓦と呼ばれるタイプを選びました。

施工会社さん曰く、最近の瓦も進化していて風で飛ぶことはほとんど無いようです。

平瓦をおすすめされなかったのはデザイン上どうしても水捌けが劣るとのこと。

瓦が凹形状になっていることで両サイドの立ち上がりが水を阻む壁になっているようです。

心配性のボーダーパパはそういったことも踏まえて防災瓦に決定いたしました。

三州瓦で有名な鶴弥さんのホームページがわかりやすかったので、ご紹介しておきます。

しかしこういった瓦は昔からあったのかもしれませんが、防災瓦というネーミングがとても上手いなと思いました。その名前だけで安心感を覚えてしまいます。

www.try110.com

www.try110.com

2年間住んでみた感想

雨が降っても屋根は静か

前回の記事でも書いたとおりガルバの外壁を採用しているので雨が降った時は結構音がすると書きました。

ただこれは屋根が瓦なので、もしガルバであったらもっとうるさかったのかもしれません。

施工の仕方や断熱材によっても変わると思うのですが、単純に素材として考えると瓦の方が圧倒的に騒音については強いと思います。

ちなみに私が設計をお願いした建築士さんのご自宅は総ガルバの家でしたし、騒音が問題という話は聞かなかったので、施工の仕方や断熱材の影響、また人それぞれ音については感じ方が違うと思うので、気になる方はよく確認された方が良いと思います。

みなさんも納得のある屋根にしてくださいね!

破風板(はふいた)の色選びでの勘違い、イメージCGに注意しよう!おうちの見た目のアクセントになる屋根の破風板。外壁と合わせて何色にしようか悩まれるかと思います。 我が家もガルバリウム鋼板の外壁で色が...
ABOUT ME
ボーダーパパ
快適おうちブロガー、金沢住みの30代共働きパパです!おうちを快適にすることが大好きで時短家事を常に研究、2021年4月から仕事も時短勤務に! 仕事もプライベードもボーダー率高め。スイーツ大好きの万年ダイエッター。 構想4年、念願のマイホームで一姫二太郎の子育てに奮闘中♪ 家電製品総合アドバイザー、時短家事コーディネーター®(Expert)、ライフオーガナイザー2級、Googleアナリティクス個人認定資格

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています