ボーダーパパの快適おうちライフ

30代共働きパパによる暮らしをもっと快適に!をテーマにしたブログです。手間なく、安く、そこそこお洒落をモットーに住宅や子育てネタを綴ります。

【時短&効率化】共働き子育て世代に衣類乾燥機がめっちゃ便利。

f:id:borderpapa:20181021005524j:plain
5kgまで対応の衣類乾燥機 Panasonic NH-D502P

こんにちは、ボーダーパパです!

まだ始めたばかりのブログ、遅筆ですが夜な夜なコツコツ書いています。大体いつも夜の洗濯をした後にブログを書いているのですが、毎日めっちゃ便利で使っているのがコレですよ、コレ!!衣類乾燥機です。これがめっちゃ便利なんです。ボーダーパパ的に子育て世代三種の神機の1つに入れたいくらいです。今日は衣類乾燥機について語りたいと思います。

【目次】




衣類乾燥機のココがイイ!

【時短】大量の洗濯物を干さなくて済む

夜の洗濯を毎日担当する洗濯大臣としては、もうコレは本当に嬉しい限りです。家族四人分の大量の洗濯物を全て干すとなると大変な作業です。我が家の場合、外出時に着る衣類は基本干しますが、それ以外の部屋着や肌着、タオル類は全て乾燥機行きとなります。これだけでかなりの量の干すものが無くなるので、個人的には大助かりです。もう毎日の作業ですから、大きな負担の軽減になりますよ!

【効率的】乾燥機を回しながら、洗濯もできる!

これは休みの日にめっちゃ便利ですね。我が家の場合は縦型の洗濯乾燥機なのですが、洗濯した後にすぐに乾燥機にいれて、また2回目の洗濯が行えるということです。休みの日は衣類だけでなく、保育園の寝具類、ベッドのシーツやキッチンマットなど洗濯したいものが沢山出てきます。洗濯乾燥機だと乾燥中は洗濯できませんからね…。衣類乾燥機だと洗濯機と別々なので、並行して作業を進めることができるのでめっちゃ便利なんですよー!

【清潔】洗濯物が臭わない

実はこれ、衣類乾燥機を買おうと思ったきっかけなんです。新婚当初に買った今の洗濯燥機、当初は乾燥機として使っていたんですが、しばらく使っていると乾かした後にイヤな臭いがするようになりました。恐らく、洗濯が終わった後に洗濯槽が完全に乾いてないですから、そこからカビが生えるようになり、一緒に高温になることで嫌な臭いが出るようになったと推測してます。

洗濯槽用の洗浄剤を何度か使っても、完璧には改善しなかったのでそれ以来、乾燥機能は使わなくなりました。結局、洗濯物と一緒に乾燥させるので洗濯槽のゴミ取りフィルターなども一緒に高温になるので、仕方ないだろうなと感じました。衣類乾燥機は洗濯物を完全に乾かすので、洗濯槽のように濡れたままの状態で放置される心配がありません。今のところ、乾燥した後に嫌な臭いがしたことは一度も無いので安心しています。

f:id:borderpapa:20181021005525j:plain
洗濯物を完全に乾燥させてくれるので、中の槽が不衛生になりにくい。

【快適】タオルがふわふわ

これは後で気づいたのですが、乾燥機だとタオルがめちゃくちゃふわふわに仕上がるんですよね。干した時のタオルはパリパリに干上がっている感じなのですが、乾燥機に掛けたタオルは段違いでふわふわなんです。一度、ふわふわのタオルに慣れると、干したタオルを使うと歴然とした違いに気づきます。これが目的では無かったのですが、嬉しい誤算でした!

衣類乾燥機のここが惜しい

設置場所が必要

これは仕方ないのですが、まず置き場所に困りますよね。かなり大きいですし。また我が家のように壁掛けにするにも、新築時に壁掛け金具を取り付けるための下地材を入れてもらっておく必要があります。壁掛け金具を取り付けてもらうのも業者の方にやってもらいました。我が家の場合は、家を建てる時に一緒にやってもらったので、追加で費用は発生してませんが、壁掛けにしない場合は専用のスタンド台などの費用が掛かると思います。

f:id:borderpapa:20181021005532j:plain
専用の壁掛け金具で大工さんに施工を依頼。

電気代がかかる

衣類乾燥機は、ドラム式洗濯機のように省電力なヒートポンプ機能がないので、かなりの電力を使うことになります。電気代がそれなりに掛かることが難点です。まあこれはその分、楽になるので必要経費だと思ってますが、できる限り深夜電力が適用される時間帯にまわすようにしています。電気代が1/3で済みますからねー。大体、深夜か早朝にまわすように工夫しています。

衣料品が縮む可能性がある

高温の温風にされされるので生地によっては縮む場合があります。実家で使っていた20年以上前の乾燥機に比べると今は大分マシになっていると感じましたが、気に入っている衣類などを回す際は細心の注意を払っています。逆に洋服を買ったときに若干大き目だったみたいな、サイズ選びを間違えた際は乾燥機にかけることがあります。イイ感じに縮んでくれて、ジャストサイズになることもしばしばありますよ(笑)

夏場は脱衣スペースがめっちゃ暑くなる

乾燥機ですので、温風が出て夏場は脱衣室がめっちゃ暑くなります。リビングに熱風が入らないように戸を閉める必要があります。冬は、部屋が暖かくなるので、逆に開けっ放しにしています(笑)。

【関連記事】2階北側のサンルームでも後悔なし!乾燥機で効率的に干せる

メンテナンスは使い捨てフィルターが断然ラク!

購入時ついている純正のフィルターがあるのですが、これだと毎回掃除をしないといけません。結構な手間に感じるので使い捨てフィルターが断然オススメです。我が家では大体、週に1回くらいの交換頻度で使っています。60枚パックだと1年近くもつ計算になりますね。

f:id:borderpapa:20181021005529j:plain
使い捨ての紙フィルター(60枚入り) Panasonic ANH3V-1600

f:id:borderpapa:20181021005528j:plain
埃がびっしり付いた紙フィルター。大体5~7日で交換。

最後に

衣類乾燥機は購入するコストや設置場所の問題など、いろいろと導入するのには壁がありますが、これから新築を考えている子育て世代の方にはぜひおすすめしたいですね。製品的には何十年も前からあって、技術的には昔からほとんど変わってなく、売れ続けているわけですから、根強い人気がある証拠だと思います。毎日の家事をより良くするための参考になれば幸いです。それでは、また~☆

www.borderpapa.com

www.borderpapa.com