ボーダーパパの快適おうちライフ

30代共働きパパによる住まい・子育て・時短家事ネタのブログです!仕事もプライベートもボーダー率高め。一姫二太郎2歳差の子育てに奮闘中♪

【節約1万円】老後の不安を和らげる、今すぐできる固定費の見直し。

こんにちは、ボーダーパパです! 老後2,000万問題で色々と将来のことを考えさせられますね。我が家でも家計の見直しをただ今、早速実践中です(笑)

今回、保険と通信費の見直しで1万円ちょっとを毎月捻出できるようになりました!いずれも大きな我慢はしてないです。

固定費が抑えられると家計にとっては大助かりです!今回実践したことを参考までにご紹介しますね♪

保険の見直し

COOP共済の解約

子ども用の医療保険として入っていたCOOP共済ジュニア20コース(月額1,000円)を解約しました。長男と長女の分を合わせると月額2,000円となります。

子どもが生まれてから、ただ何となくの不安で加入していたのですが、よくよく考えれば子どもは市の助成制度もあってほとんど医療費もかかりません。

1,000円くらいだったら別にいいやと思って加入していましたが、そもそもリスクに備えるという意味では必要性が無いことに改めて気づきました。

COOPの謳い文句としては、ケガでも通院1日目から保障となっています。確かに怪我はよくするけど、いつも500円で済むしなぁ…と思うと金銭的リスクは低いように思います。

というわけで、まずこれだけで月額2,000円のコストカットとなりました!

医療保険の解約

夫婦の医療保険についても見直しました。アフラックのEVERとオリックス生命のキュアレディにそれぞれ入っていたのですが、合計で月に4,400円ほど掛かっていました。

今回これも思い切って解約しました。理由としては、COOP共済と同じで金銭的リスクに対して備える保険としてはそれほど重要性を感じなかったためです。

大きな病気に掛かっても医療費は、高額療養費制度というもののおかげで月に大体8万くらいを上限に抑えられます。

僕は過去に網膜剥離になったことがあって、その時も高額療養費のおかげで負担が少なくて済みました。当時は医療保険の保障もあり、病気になってお金をたくさん貰えるという不思議な体験でした(笑)

では、なぜ若い頃から加入していたのかと改めて考えると、これもただ何となく将来が不安だったから。本当にこれだけだったように思います。

不安の中身が何なのか、医療保険で賄える金銭的リスクがどの程度のものか、貯蓄で対応できるものか等、しっかりと考えることでその不安が解消されました。

というわけで、医療保険の解約で月額4,400円のコストカットとなります!

がん保険は必要

生活にも家計にもインパクトの大きい癌についてはそのまま残しました。癌は治る病気と言われつつありますが、治療が数年に渡って長引く可能性があります。

僕も身近な人で癌にかかった人がいて、4年ほど定期的に通院している姿を見ていました。長い治療期間で金銭的負担がとても大変だということを目の当たりにしてきました。

特に高額療養費の対象を超えない数万円の出費が定期的に続くのは、貯蓄があってもとても不安な日々となります。

治療だけでも精神的に辛いのに、金銭的不安がさらに増えるのは本当に大変なことです。

がんと診断されたらまとまった一時金を保障してくれるがん保険は、リスクに備える上ではとても大事な保険だと思いますので、こちらは継続の判断をしました。

通信費の見直し

Yモバから楽天へ

auからワイモバイルに変更して月額費用をかなり抑えられるようになり、これまでは夫婦で月額6,000円ほど掛かっていました。

僕も妻も楽天ではよくお買い物をするので、最近話題の楽天モバイルへ移行することになりました。

これで完璧にキャリアメールとおさらばなのですが、月額コストをさらに抑えられます。今時はもうLINEしか使わないので、これも全く問題ありません。

楽天モバイルに変更すると、夫婦2人で月額で3,200円程度※になります。僕がダイヤモンド会員なので、本当はさらに500円安くなるのですが、ここでは通常金額のままとしています。

キャリアメールは無くなることになりますが、Yモバイルとほぼ同じようなプランで実質2,800円ほどのコストカットとなりました!

ドコモ回線なので、今のところ通信も不安定な様子は全くありません。

※スーパーホーダーイプランS(1,480円)を2契約、3,200円は税込み計算です。

楽天モバイル スーパーホーダイ 1,480円(税抜)~!

光回線をWiMAXに

今回、ここも思い切って見直しです。これまでau光を利用していたのですがファミリータイプだと月額6,000円近く掛かっていました。

回線スピードが落ちる不安があったものの、WiMAXのホームルータータイプだと月額3,600円程度に抑えられます。

懸念した回線速度については15Mbpsくらい出ていて、普通にネットをしている分には全く問題ありません!

ただし、土日に子どもたちがYouTubeを見まくると翌日の夜に速度制限が掛かってしまうので、ここだけが大きなデメリットですね。速度制限が掛かると大体1Mbpsくらいまでスピードが落ちるようです。

体感としてはネットサーフィンは辛うじて大丈夫ですが、動画はかなり読み込みが遅くなるので、1Mbps以下になっているのではと思います。

ただ月額費用としてはかなり安いので、家計としては大助かりに感じています!

GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,170円(税抜)~!

計11,600円の節約

今回節約したものを下記の通り、まとめてみました。こうやってみると本当に塵も積もれば山となるですねー!

COOP共済の解約 :2,000円
医療保険の解約:4,400円
楽天モバイルへ移行:2,800円
光回線の解約:3,600円

合計 11,600円の減額

問われる価値観

給料が上がり続ける時代は終わって、これまでの幸せとされていた基準が意味を成さなくなっています。子どもにどんな教育を受けさせたいのか、なぜ大学に行かせるのか、老後はどんな風に過ごしたいのか?

今までの一般的な基準をそのまま家計に落とし込むと、どうしても苦しく感じてしまいます。家族が望む未来に向けて「どうありたいのか」夫婦でよく話あって、舵取りをしていくことがとても重要に思います。

最近、僕はもう着るもの全てをユニクロで良いなと思い始めました。デザインも良いし、値段もとてもお得です。浮いた被服費で違う物を買うのか、その分を貯めるのか、もしくは今後働く量を減らしていくのか、そんな風に一番大事なものや時間を得るためにお金を使っていきたいなと思います。

ちなみに今回節約するきっかけとなった参考書籍はこちらです。老後の生活をイメージしやすく、無理なく支出を如何に抑えていくか大変参考になりました。まずは自分たちがどんなライフスタイルを送りたいのか考えるきっかけになると思います!

www.borderpapa.com