ボーダーパパの快適おうちライフ

30代共働きパパによる住まい・子育て・時短家事ネタのブログです!仕事もプライベートもボーダー率高め。スイーツ大好きな万年ダイエッターで、一姫二太郎2歳差の子育てに奮闘中♪

【時短家事】小まめ掃除のコツは床にすき間をあけると断然ラク!

こんにちは!汚れている床を見ているとすぐに掃除がしたくなる週末掃除家ボーダーパパです。

共働きだと忙しくて中々、掃除ができませんよね。我が家の場合は週に一回は掃除機をかけるようにしています。

毎週末の掃除大臣を歴任して、行きついた答えなのですが、掃除は床にすき間をあけると断然ラクでした!

というわけで、今回も我が家で実践した時短アイデアをご紹介します。

【目次】

すき間をあける3つのメリット

掃除機がかけやすい

掃除機をかけるときの手間が減るので、小まめな掃除も楽になります。写真は無印のパイン材ユニットシェルフ。マキタのスティック掃除機くらいであれば、楽々に入っていきます。

こちらはニトリのウッドシェルフ、棚板の高さが数cm単位で調整できるので便利です。無印は棚板の高さが固定だったので。ちなみにニトリの方は安いせいか接着剤のニオイがかなり酷かったです…。

物を移動しなくてよい

掃除機をかける時に物を移動させるのって面倒じゃありませんか?個人的にはかなり億劫で、これが無くなるだけで掃除をする時の気持ちが大分軽くなります。

2Fのサンルームにある除湿器2台。物干しスペースは埃が溜まりがちなので小まめに掃除したい。

洗濯機の下がいつでも清潔

普段なかなか掃除することができない洗濯機の下も、置き台を設置しておけば小まめに掃除ができます。

隙間あけに便利なメタルラック

超めんどくさがりの僕にとって、ゴミ箱やパイプハンガーなどの日用雑貨も掃除をする時に毎回移動させるのが億劫です。そんな時に便利なのがメタルラック。

普通のタイプだと高さがかなりあるのですが、なんと15cmのポールがあります!おうちの中に使っていないメタルラックがあれば、ポールを買い足すだけでOK。

15cmのポールを使った1段だけのメタルラック。パントリー下のゴミ箱をかさ上げ。

リビングにある雑貨スペースもかさ上げ。

ロボット掃除機にも最適

パイプハンガーラックなどのキャスター付きの家具は移動が楽ですが、僕はキャスターを外して下にメタルラックを設置しています。

これでパイプハンガーの移動の手間も減らせます!埃が溜まりやすい衣類の下もロボット掃除機で簡単に入り込めるように。

ちなみにポールだけを追加で購入する際は、お持ちのメタルラックがアイリスオーヤマかルミナスか確認してからご購入ください。またポールの太さも25mm、19mm、12.7mmと3種類ありますので事前に確認を!

パーツだけで購入する際は送料を考えるとamazonの¥2,000円以上の合わせ買いが一番お得に感じました。

いかがでしたでしょうか?すき間をあけると掃除が楽になると思いませんか!さすがにメタルラックまで使う人は中々、少ないかもしれませんがロボット掃除機を使っている方だと大変便利ですよ!時短家事の何らかの参考になれば幸いです。それでは、また~♪

www.borderpapa.com

www.borderpapa.com

www.borderpapa.com